シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しいピクルスの作り方教えて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピックアップ

1:
この前,教え子からもらったピクルス美味しかった。
誰か美味しいピクルスの作り方教えてください。

11:
わしんちのピクルスの作り方。
材料・・・酢:水:梅酒、つぶ黒コショウとか、ベイリーフとか、このみのスパイス、塩、
にんにく、唐辛子、好きな野菜作り方・・・好きな野菜を一口大に切って、沸騰したお湯で
軽く湯がきます。で、とりだして、瓶につめて、上記の材料の野菜以外を煮立てます。
上記の野菜以外の材料を煮立てます。にんにくはスライスして、一緒に煮立ててください。
このたれを瓶に注ぎいれます。
次の日になったら食べごろです。冷蔵庫で保存して、3ヶ月くらいは食べられると思います。
ちなみに、味は、あまり甘くないです。

12:
あ、分量書くのわすれてました~。酢:水:梅酒は1:1:1なら、どんな分量でも、
いけます。ちなみに、塩はお好みで・・・。スープくらいの塩加減がいいかもしれません。
漬けてみて、たりなければ、途中で足してみてください。

おすすめ記事

22:
宅配できゅうりが山ほど送られて来て、
食べきれずにたまってしまったので、ピクルスにしてみました。
「ムーミンママのお料理の本」というのに載ってたピクルスのレシピ通りに作ってみました。
この本、その名の通り「ムーミン」の話に出てくる料理の作り方が載っていて、
主に作者の故郷フィンランドの料理がベースになっている模様。
北欧風ピクルス、どんなんだろうと興味があったんです。で、このスレを読むと普通きゅうり(野菜)は塩に漬けて下ごしらえするってあるじゃありませんか。
しかし、これはとにかく切って液と混ぜて瓶に詰めろと書いてある。
大丈夫かな~と思いつつ、その通りにやって瓶に詰めてみました。
しかし出来上がってみると液が全体の半分量しかない。
つまり上半分は液に漬かって無い状態。
なんかすごく不安。今日漬けたばかりなんで、1週間くらい様子を見てみます。
マスタードシード以外にディルも入ってて、匂いはいいんだけどなあ…。

23:
>>22
下ごしらえで野菜の水分を抜くのは、つけている最中に水分が出て
ピクルス液が薄くなるのを防ぐためだと思われます。
なので、ピクルス液が濃ければそう問題ないのでは?と思います。それよりも心配なのは、
ピクルス液が材料に十分かぶるだけの量がないことです。
材料が空気に触れているとカビの心配があるとレシピ本などで見たことがあります。
もしかしてきゅうりから水分が出て縮んで、最終的には味も液量もちょうど
良くなったりするのかしら?

25:
>>23,24さん、ありがとうございます。
しばらく観察した結果、9割くらいまできゅうりから出た水分で漬かりました。
が、最後の1割はどうしても漬かってくれない。腐っちゃうのもいやなので、
漬からない分だけ取り除いて食べちゃいました。
漬かってなかったにもかかわらず、ちゃんとピクルスの味になっていました。
最初に液と材料をまぜる過程があったからだと思います。北欧と日本ではカビの生えやすさも違うと思うので、
きっと最初のうちは上半分でちゃってても、北欧では平気なのかも
しれないなー。と、作ってみての感想です。
一応レシピ書いておきます。これからの季節なら心配なく出来るかも。きゅうり 2Kg
たまねぎ 0.5Kg
ワインビネガー カップ1と1/2
砂糖 カップ1と1/2
塩 カップ1弱
マスタード(種) 大さじ1
ディル(みじんぎり) カップ1/21、きゅうりとたまねぎを細長く切る。
2、ワインビネガーと砂糖と塩を沸騰させてから人肌になるまでさます。
3、保存瓶を殺菌する
4、1にマスタードとディルをまぜ、2をくわえて良く混ぜ合わせ
3につめてすぐ蓋をする。冷暗所に保管。きゅうり1.5Kgとたまねぎ1Kgでもいいそうで、きゅうりが少なかった
私はこちらでやりました。

24:
ためしてガッテンで前に特集されてたよ~。一度見てみるといいかも。
ちなみに漬ける材料が液から出ててはいけないとな。
(空気に触れるとよくないらしい。かびたりするのかな?)うちで好評だったレシピ
ためして~の改造版
酢(好きなものでいいと思います私はミツ〇ンの普通の酢使いました)2カップ
水 1カップ
塩 1カップ
トウガラシ・粒こしょう・月桂樹
これを全部鍋に入れて塩が溶けるまで火にかける。
(まろやかな方がいい方は沸騰させてちょっと煮きる)きっちり蓋のできるビン(消毒して
おいてくださいね⇒煮沸とか、アルコールとかで)
にきゅうりとかカリフラワーとか好きなものをぎゅうぎゅうつめる。
(液を入れたら浮いてくるので、ぎゅうぎゅうにしておいた方がいいです。
つかってきたらきゅうりが縮みますから取り出せないことは無いと思います)
つめたところに、さっきの液体を注ぐ。
1日漬けたくらいから食べられるです。ポイントは、塩はちょっときつめで。
にんにくを入れるとマクドナルド風。ハーブ入れたら西洋風だし、
ハーブをやめてしょうがや昆布などを入れたら、和風になります。ピクルス液の分量は漬ける材料の量にもよるので、たくさん漬けたい人は、同じ比率で
増やすといいかも。何より好みが別れるところなので、何回か作ってみて、ベストな味を見つけてみてはいかがでしょうか?

335:  投稿日:2012/08/09(木) 14:34:15.93
近場から順にスーパーをまわったけどディルが売っていませんでした。
特殊なスパイスなんでしょうか…皆さんは通販入手ですか?>>24さんのレシピに
唐辛子2本乾燥  ニンニクチップ5枚
月桂樹2枚  粉胡椒小匙1/3  カレー粉1/3
で、キュウリ10本ハラペーニョ5本を仕込みました。本当はただのキュウリのディルピクルスが作りたかったです…
一月経ったら食べてみます。

61:
ピクルスって自分で作っても長期保存可能でしょうか?
昔、大泥棒ホッツェンプロッツという本に出て来たピクルスの描写と挿絵が忘れられない。
あれは素敵だったな。

62:
>>61
酢を濃いめにして瓶詰めして圧力鍋で加熱すれば?

63:
>>61
去年の8月に作ったきゅうりのピクルス、まだ食べられます。
1)冷蔵保存
2)ビンの煮沸消毒(私は熱湯をかけただけだけど)
3)一度蓋をあけたら食べきる(小さなビンで沢山作りました)
4)>>62さんも言っているけど、酢を濃い目に
…って感じなら長くもつのでは?

65:
61-3
うちは冷蔵庫にも入れてないし、ビンも大きいのに作って
食べるときに取り出しながらって感じだけど
1年以上ぜんぜん平気です。ポイントは、
①きゅうりの下ごしらえとして、漬けるサイズに
切った後、5%の食塩水にきゅうりの分量の5%の塩を
入れて沸騰させたのに熱いうちに入れて一晩フタをして置く
②次の日、きゅうりの水分をよく拭いて、消毒したビンに
ギュウギュウに隙間無く詰め込む
③ピックル液には水を入れず、酢と白ワインとその他のモノ
だけにして沸騰直前まで温める
④熱いうちに、きゅうりの入ったビンにピックル液をそそいでフタ
⑤きゅうりは空気に触れないようにする
⑥取り出すときは乾いたきれいな器具でとりだす
⑦取り出した時に、液体が減ってきゅうりが空気に触れて
しまう場合は、きゅうりが漬かるまで酢を足し注ぐこれを守っていれば
一年常温保存でも大丈夫ですよー。
ピックル液の味付けはお好みでどうぞ!

122:  投稿日:2006/09/28(木) 01:07:01
にんにくの芽のピクルス(ロシア風)

にんにくの芽の重みのある歯ごたえと、
にんにくのほのかな香りが酢のすっぱさといい感じに合ってウマー。
作るのも簡単だから、試してみてください。
上のレシピだと分かりづらいけど、ハーブその他をつかわないときは
熱湯もしくは水をニンニクの芽が浸るくらいたしてください。

147:  投稿日:2008/04/23(水) 22:59:30
超っー手抜きのピクルスのつくりかた紹介しますきゅうりを乱切りしてドレッシングを

たっぷりかけるだけ。テーブルに置いて1分かかりません。みんなの目の前でOK

ドレッシングはシンプルな白がよくて味付けはたまりや七味で十分です。
時間ないひとためしてね

200:  投稿日:2009/06/09(火) 21:55:33
さっぱりで美味しかった砂糖なしでピクルス。
りんごジュースと酢 2:1
ここに3パーセントの塩分になる塩
にんにく、しょうが、たかのつめ、粒コショウ、レモン汁、(好みで)漬け込む野菜は
食べやすい大きさに切って大きめのボールに入れておく。漬け汁の量は材料が

ひたひたよりやや少なめ。漬け汁を沸騰させて野菜にかけてラップとかでぴっちりふたして

半日以上おく。

カリフラワー生のままつけるとほんとカリッカリで美味しい!

私がつけたときはカリフラワー一個に対してりんごジュース400cc、

酢200cc、塩大匙1強でした。

265:  投稿日:2011/10/20(木) 15:41:03.95

361:  投稿日:2014/08/10(日) 17:57:32.14
モヤシを漬けた
ピクルスの味しかしなくなってしまったネギを漬けた
味は微妙
不味くはないが

364:  投稿日:2014/09/04(木) 19:15:02.11
ゴーヤのピクルスうまいよ
薄くスライスして電子レンジでチンする
生のままで厚みがあると固い

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/recipe/1023601711/

画像引用元:http://cookpad.com/recipe/1775926

こちらも読まれています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする