シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏トマト、冷房を使用して栽培すると生産量が37%向上 東北電が研究

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピックアップ

1: 2017/06/03(土) 11:20:06.70 ID:CAP_USER

 夏場のトマトのハウス栽培にヒートポンプ式空調機の冷房・除湿機能を使えば生産量が37%増え、収益も上がるとの研究結果を東北電力がまとめた。東日本大震災以降、宮城、福島両県の被災農地で大型ハウスによるトマト栽培が広がっており、収益アップへ活用を呼び掛ける。高温になる夏場はトマトの生育が悪く、ハウス栽培は7、8月に休み、8月中旬以降に苗を植える。このため露地栽培のトマトの出荷量が落ち着き、価格が高まる9、10月に出荷できないのが課題だった。
東北電はあかい菜園(いわき市)と連携し、7月上旬に苗を植え、7月中旬~9月上旬の夜中にヒートポンプの冷房・除湿機能を使って生育状況を3年間にわたり検証。使わなかった場合に比べ9~11月の生産量が37%増えたほか、夏場に起きやすい高温障害も抑制された。
50アールのハウス栽培で冷房を2カ月使った費用(約50万円)を差し引いても、9~11月の収益は122万円アップした。あかい菜園は今年から「冷房栽培」を本格導入している。冷房・湿度設定は室温20度、湿度90%が最も効果的だという。東北電研究開発センターの四方田淳主幹研究員は「ヒートポンプの冷房効果が裏付けられ、ハウスでの周年栽培に道筋が付いた」と話す。
ヒートポンプ式空調機は現在、新潟を含む東北7県のトマトを含むハウス栽培に
1万5000キロワット分(約1700台)導入され、冬場の暖房に使われている。
トマトは大型ハウスでの養液栽培に適していることに加え、通年で安定した需要があり、被災農地で盛んに栽培されている。宮城県はイチゴなどと並ぶ主力品種と位置付け、栽培を奨励している。

河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170603_72029.html

76: 2017/06/04(日) 07:37:44.20 ID:JqtZ6iY6
>>1
トマトはもともと高山植物なんだっけ?
元の環境を再現すると元気になるんだろうな

4: 2017/06/03(土) 11:27:42.25 ID:gJ1WNSI1

夜に涼しくないと根が呼吸できないからなあ

トマトって南米の原産地だと多少山の上の方に生えていて
昼はカンカン照り夜は冷え込むような土地だっけ

おすすめ記事

5: 2017/06/03(土) 11:27:52.75 ID:EXwjkdYb
これは冷房が環境的に適してるのか
それともストレス栽培の一種なのか

7: 2017/06/03(土) 11:28:13.79 ID:g8wBwYFR
電気を使わせようとしているところが面白い。

13: 2017/06/03(土) 11:48:17.08 ID:zhrJ8pd/
>>7
そりゃ電力会社だから

8: 2017/06/03(土) 11:33:31.63 ID:THM9e4Mo
北海道あたりで作ればいいじゃないかと思ったが
今度は輸送費用の問題が出てくるのか

9: 2017/06/03(土) 11:37:06.82 ID:f4q/wK2f

冷房は昔から一般的にヒートポンプを使う。

ペルチェとかもあるにはあるが。

21: 2017/06/03(土) 12:27:32.93 ID:znK4EIhm
>>9
ペルチェは冷える以上に発熱するのと、素子にヒートシンクくっつける以外の放熱手段は結局ヒートポンプと変わらんなくね?

10: 2017/06/03(土) 11:40:54.43 ID:ZHkitav2
トマトの旬は11月

11: 2017/06/03(土) 11:45:49.84 ID:r/K1+qKp
生産コストは…

12: 2017/06/03(土) 11:47:31.06 ID:XGYyB6ZX
太陽パネルをうまく使えばいけるかもな

15: 2017/06/03(土) 11:59:22.10 ID:2gPabPbW

マジか!
夏はトマトなりにくいのか!
知らんかったw

夏は朝昼トマトに水やってるのにすぐに水不足でしおれる
直射日光避けた方がいいのか
てっきり南国の食べ物だから暑い方がいいのかと思ってた

96: 2017/06/04(日) 15:01:22.65 ID:5ze02H8k
>>15
蒸散多すぎな植物だからな
ドバドバ水上げると味落ちるし

19: 2017/06/03(土) 12:10:52.52 ID:IcM97KLJ
密閉したパイプ内に爆音を鳴らすと冷えるって研究が以前あったと思うんだけど、それ以降何か進展あったのかしら?

23: 2017/06/03(土) 12:36:02.77 ID:gJ1WNSI1

北海道の夏の気候とか
夏場の標高1000mくらいの南向き斜面、みたいな所が合ってるのかなあ

昼は暑くて夜は涼しいというのは日本の夏では得にくいんだよな
一番近いのが北海道の内陸部

24: 2017/06/03(土) 12:50:20.87 ID:I0ovhXuP
トマトの品種によるんでは?

27: 2017/06/03(土) 12:59:50.77 ID:ifLkJSHO
温室作って冷やす矛盾w
夏場の温室って実質雨除けハウスだけどな(´・ω・`)

28: 2017/06/03(土) 13:10:24.35 ID:WnFa7h/y
遮光ネットでええんちゃうか?

66: 2017/06/03(土) 23:07:45.95 ID:LsZdVrne
>>28
光合成…

29: 2017/06/03(土) 13:15:42.71 ID:MuDy9WqP
もともと高地の冷えたとこが産地だからね

31: 2017/06/03(土) 13:42:39.97 ID:+vrAxBc5
原産地アンデス山脈の気候に合わせて、少ない水と痩せた土と涼しい気温で育てた結果出来たのがフルーツトマトなんだよね。
夏は端境期だからトマトは栽培しない方が良い。

33: 2017/06/03(土) 13:45:08.16 ID:aIKXatEV
中嶋農法が否定されたわけじゃないんだな

37: 2017/06/03(土) 15:15:13.60 ID:eJFV8Vh3
たとえ一時的に収益アップしたとしても、機器のメンテナンス代やリース代を考えたら大赤字だろ

39: 2017/06/03(土) 15:49:18.12 ID:DAa5ZKEH
収益上がるなら試す農家も現れそうだな

44: 2017/06/03(土) 16:50:00.05 ID:000On/Bf
トマトが好むのは、乾燥した春と秋の、暑くもなく寒くもないといった温度。
寒いのも暑いのも苦手で、高温多湿の梅雨の時期は最悪。
9月、10月のトマトは需要もあるが、梅雨とその後の高温期を無事に乗り越えた物になるので、高い値段が付くね。
その頃は秋雨の季節でもあるので、また、苦手な時期でもある。
その頃に大量に出せると儲かると思うよ。

45: 2017/06/03(土) 16:53:14.89 ID:WHwiW8GP
この方法は生産量が少なくて高価な時期に出荷するからペイできる
なのでこの方法が広まってこの時期の生産量が増えれば価格が他の時期並に下がってペイしなくなる可能性がある
まあ当面は先駆的強者しか手を出せない方法だから大丈夫だろうけど

48: 2017/06/03(土) 17:26:49.13 ID:PYpU8WkC
トマトやナスは毒ある食べ物なのにな

51: 2017/06/03(土) 19:06:13.48 ID:vJ28JpQa
>>48
ナス科(=トマト、茄子、じゃがいも、ピーマン)は
コロンブス以前は南米のインディオ以外、食べてなかったからな

有毒のソラニンを気にするなら、
ナス・トマト・じゃがいもの皮は食べない、
緑化したじゃがいもは食べない、
きゅうり・ピーマンはもう食べなくていい、

そうなるな

91: 2017/06/04(日) 13:20:40.54 ID:05Dy5qtQ
>>51
ナスビの皮に含まれるアントシアニン色素は眼精疲労回復、視力改善作用がある。

69: 2017/06/03(土) 23:33:47.43 ID:OJtzhBFH
>>48
殺虫剤いらずってことか

72: 2017/06/03(土) 23:43:55.54 ID:wvFvh6Fk
>>69
葉には害虫多いぞ
結実した若い実にアルカロイドが溜まるんや
青いトマト、ナス、ジャガイモとかやな

49: 2017/06/03(土) 18:13:55.53 ID:x/YgC6dF
20℃なら地中熱でいけるのでは

50: 2017/06/03(土) 18:51:31.63 ID:Rqn+S4vG
去年、室内プランターのトマトがよく育ったのはそーゆう訳ね。

54: 2017/06/03(土) 19:20:16.10 ID:DN0ATQmL
メガソーラー訪問販売に騙される奴が続出しそう

67: 2017/06/03(土) 23:18:42.07 ID:000On/Bf
夏のトマトの産地を知ってる?
九州だと阿蘇山周辺の高地、本州も南の方だと標高の高い所か東北地方、あと、北海道。
昼間の気温が高くても、最低気温が20度ぐらいまで下がるところ。
夜温が下がると転流も出来て、実が出来る。
夜温が高すぎる熱帯夜のようだと、これが出来なくて実が出来ないそうだ。
だから、平地では夏のトマトが出来ないか、出来ても不味い。
ミニトマトは原種に近いので大玉より作りやすいみたい。

107: 2017/06/05(月) 19:53:44.23 ID:YF4fOiMt
>>67
なんでトマトは夏野菜のイメージがあるんだろう…
トマトの成育考えると、なすと同じ秋なんだね。

70: 2017/06/03(土) 23:35:13.17 ID:L9J7mobG
36℃を越えると受粉しない、冬は5℃以下は枯れる10月11月が適温だが赤く熟成には光量不足、対策、未熟成でも室内で熟成できる

74: 2017/06/04(日) 07:10:20.19 ID:rsptqXfp
以前読んだトマトに関する本によると、夏は糖度が低めで、ビタミンC多めとか。
光を好み、光線の強い夏はビタミンCの生成が多いそう。
トマトは温度で赤くなるので、真夏のトマトはうっすらと赤くなり始めた頃の物を
収穫して、店頭に並んで暫くすると赤くなるぐらいのものなので、味は・・・。
赤く熟すにつれて味が良くなるけど、それ以前に収穫しちゃうからw
あまり赤くなるまで置いておくと、樹勢が落ちることもあるので、早めに収穫するのもある。
あと、冷蔵庫で何日も冷やすとトマトが柔らかくなって味も落ちるよ。
冷やさないと真夏でも一週間ぐらい置いておいても柔らかくならない(味は落ちるけど)
でも、色が急激に赤くなるので、店で冷やして置いてあるだろうから、どうしようもないよね。
日中の気温も下がって、寒暖の差が出て来る秋頃は美味しいトマトになるよね。
季節や品種、作り方で味は随分違うよ。
味が良い品種は作りにくいとか病気に弱いとか収穫量が少ないとかw
病気に強く大きなものが沢山収穫できるのは、味が薄いとか一長一短があるw
光線の弱い冬でも水を絞って時間をかけて赤くしたトマトは小さいけど美味しいよね、高いけどw

79: 2017/06/04(日) 09:51:31.82 ID:9lbNkgmm
トマトの選び方

84: 2017/06/04(日) 12:33:40.40 ID:05Dy5qtQ

>「トマトは大型ハウスでの養液栽培に適している」

水耕栽培なら真夏は養液の水分が蒸発して養液濃度が濃くなる
養液濃度が濃くなると枯れる場合があるので
ハウスで冷房して水分の蒸発を押さえる必要がある。
これが真夏のトマトのハウス栽培の欠点である。

昔ながらの露地栽培なら水やりに気を付ければ低コストで7月、8月そして秋の彼岸まで美味しいトマトが食べられる。

85: 2017/06/04(日) 12:37:00.43 ID:JqtZ6iY6
>>84
> 水耕栽培なら真夏は養液の水分が蒸発して養液濃度が濃くなる
養液濃度が濃くなると枯れる場合があるので
ハウスで冷房して水分の蒸発を押さえる必要がある。

希釈するなり水を追加するなりいくらでも方法あるじゃん

86: 2017/06/04(日) 12:40:00.03 ID:05Dy5qtQ
>>85 真夏のハウス栽培は不向き、ハウス栽培の欠点、露地栽培がいいって言ったじゃんw

87: 2017/06/04(日) 12:42:53.68 ID:JqtZ6iY6
>>86
水入れる装置を追加するだけ(元からあると思うが)で水耕栽培できるのに露地栽培にしなきゃならない理由がない

水耕栽培を止める理由にはならんのよ

88: 2017/06/04(日) 12:50:28.76 ID:05Dy5qtQ
>>85 濃度を測定して水で希釈するにも設備投資しないといけないな
>>87 コストパフォーマンスの悪いハウス水耕栽培を押す訳は?

89: 2017/06/04(日) 12:56:45.94 ID:JqtZ6iY6
>>88
個々のコスト問題は知らんよ
夏に蒸発量増加が原因で水耕栽培できないという発言に対する反論よ
濃度測定なんぞ排水溝で電気抵抗測定するだけで簡単に解決できるわ

94: 2017/06/04(日) 14:39:38.98 ID:05Dy5qtQ
>>89
>排水溝で電気抵抗測定
電気抵抗測定してもそれが肥料に含まれるどういう成分の濃度かを分析測定することは出来ない。
>NaCl濃度も測定できますか?
>上記のように、導電率とNaCl濃度との関係が一定温度において関係があり、NaCl濃度の測定が可能です。
>ただしNaCl以外に電解質(カリウムやマグネシウム)が含んでいる場合、
>それによる導電率値もNacl濃度として換算することになるため注意が必要です。

99: 2017/06/04(日) 17:42:13.36 ID:JqtZ6iY6
>>94
特定成分を測定する必要無し
混合した溶液の基準となる濃度で電気抵抗を測定し電気抵抗が下がれば基準値になるまで水を入れて希釈
電気抵抗が上がれば基準値になるまで水を入れなければいいだけ

難しく考えすぎ

引用元: http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1496456406/

こちらも読まれています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする