シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハロウィンのカボチャのオバケの意味知ってる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピックアップ

1: 2018/10/29(月) 18:18:15.934 ID:SwRhXOSgdNIKU

北欧の寒村の寓話で
農具を片付けず外に出しっ放しにしとくと
カボチャに宿った悪魔が、鬼火をランタンの灯りかわりに
農具を拾って家人を殺しにくるぞ
って寓話がジャック・オー・ランタンの伝承

ハロウィンとは起源が違うんだよ

14: 2018/10/29(月) 18:25:49.705 ID:SwRhXOSgdNIKU
それと>>1の寓話が結び付いて、今のハロウィンに成ったんだよ

>>11
それはハロウィンの方

20: 2018/10/29(月) 18:32:54.013 ID:15daIlcNaNIKU
>>14
いや元はカブだよ

22: 2018/10/29(月) 18:36:10.032 ID:SwRhXOSgdNIKU
>>20
だから、それはハロウィンでしょ?カブのハロウィン + >>1の寓話 = 今のカボチャのハロウィン

父方の先祖と母方の先祖の違いみたいなもの

おすすめ記事

32: 2018/10/29(月) 18:56:21.072 ID:15daIlcNaNIKU

あと「ウィル・オ・ウィスプ」の伝承についても、固有名として「ウィル・オ・ウィスプ」と名付けられた一次の伝承と、ヨーロッパの鬼火に関係した伝承に登場する鬼火を後付けの形で「ウィル・オ・ウィスプ」と呼ぶ二次の伝承がある

ジャック・オー・ランタンにおけるウィル・オ・ウィスプは二次の伝承

>>22
>>1の寓話はカボチャがヨーロッパに伝来して以降じゃないと成立しない
ジャック・オー・ランタンに関係するゲルマン圏の民間伝承において登場するのはいずれもカブ

仮にカボチャと紹介している書籍があったら、その書籍の筆者ないし参考文献に何かしらの混同が起こっている

37: 2018/10/29(月) 19:46:56.908 ID:SwRhXOSgdNIKU
>>32>>34
それは甘い食用カボチャ食べられないカボチャは北欧にあったよ

28: 2018/10/29(月) 18:43:00.711 ID:SwRhXOSgdNIKU
>>25
そう
>>1は北欧の寓話
ハロウィンに混じった方の話

5: 2018/10/29(月) 18:19:57.252 ID:jIRY67oBaNIKU
わりとこええな

7: 2018/10/29(月) 18:20:57.195 ID:SwRhXOSgdNIKU
>>5
道具は大事にしなさい
って戒めの意味があるからね
親が子供を躾ける為に

6: 2018/10/29(月) 18:20:02.616 ID:SwRhXOSgdNIKU

8: 2018/10/29(月) 18:21:06.382 ID:15daIlcNaNIKU
起源が異なる風習同士が合致するなんて古今東西よくあること

10: 2018/10/29(月) 18:21:48.437 ID:GMQRbf3u0NIKU
なんでうそつくの(´・ω・`)?

12: 2018/10/29(月) 18:24:53.261 ID:SwRhXOSgdNIKU
>>10
だから鎌を持ってるんだよ

11: 2018/10/29(月) 18:22:57.289 ID:0VeTDIhxdNIKU
元はカブやんけ

15: 2018/10/29(月) 18:27:03.735 ID:VMi+iZqh0NIKU
カボチャとかでてきても笑うわ
カブの奴は恐怖しかないけど

19: 2018/10/29(月) 18:31:54.815 ID:SwRhXOSgdNIKU
>>15
持ってるランタンはウィル・オー・ウィスプって鬼火なんだよ
カボチャはこの時期に畑に捨てられてるからだろうね

21: 2018/10/29(月) 18:35:07.727 ID:ShD4re7SMNIKU
ウィルオーウィスプって鬼火を持って彷徨うお化けのことだよね?

26: 2018/10/29(月) 18:39:00.548 ID:SwRhXOSgdNIKU
>>21
鬼火自体がウィル・オー・ウィスプだよ青白い光を放ち浮遊する球体、あるいは火の玉。イグニス・ファトゥス(愚者火、Ignis fatuus)とも呼ばれる
。他にも別名が多数あり、地域や国によって様々な呼称がある。
夜の湖沼付近や墓場などに出没する。
近くを通る旅人の前に現れ、道に迷わせたり、底なし沼に誘い込ませるなど危険な道へと誘うとされる。

23: 2018/10/29(月) 18:36:37.405 ID:I3U8Wfdi0NIKU
アメリカに伝わった時にカブがなかったからかぼちゃで代用したんだぞ

24: 2018/10/29(月) 18:37:24.365 ID:I3U8Wfdi0NIKU
そんで元はケルト民族の寓話でしょ?
向こうで言うお盆のときに一緒に連れていかれないように化け物の恰好をして免れるってやつ

27: 2018/10/29(月) 18:41:47.789 ID:SwRhXOSgdNIKU
>>24
それはハロウィン(A)カブのハロウィン(A)に別の物語(B)が混ざって今のハロウィン(C)このスレで言ってるのはBの方

25: 2018/10/29(月) 18:37:29.732 ID:VMi+iZqh0NIKU
アイルランドの移民がカボチャ使ったんだろうな

29: 2018/10/29(月) 18:43:04.953 ID:FEe5MdYJ0NIKU

ウィルオウィスプのお話-

昔、意地の悪いウィルという男がいました。

ウィルは一度死ぬのですが、 天国と地獄の門番の聖ピーターに やり直すチャンスをもらいます。 けれども、ウィルは二回目の人生でも 反省してよい生き方をしようとしませんでした。

彼は、再びその生涯に幕を閉じ、 聖ピーターの元へと向かいましたが、 聖ピーターはどちらの門も通させてはくれませんでした。 ウィルはあまりにも日頃の行いがよくなかったので、 天国はおろか、地獄にさえも行くことが出来なかったのです。

天国への門を閉ざされたウィルは煉獄(れんごく)をさまようほかありません。 死者の世界へ行くこともできず、幽霊として漂い続けるしかないのです。 煉獄は天国でも地獄でもない場所、つまり狭間の世界です。

そんなウィルの姿を見て、かわいそうに思った悪魔が、体を暖めることができるように ウィルに地獄の炎のかけらをあげました。

ウィルは地獄の炎を宿した石炭を手に煉獄をさまよい歩いています。 彼のさまよう炎は鬼火、ウィルオウィスプとして人々に恐れられました。

ウィルオウィスプは墓場や沼地によく表れると言われています。 ジャックオランタンもウィルオウィスプの一種と考えられています。

30: 2018/10/29(月) 18:46:08.535 ID:SwRhXOSgdNIKU

ジャック・オ・ランタンを書く時に押さえて置かなければ成らない3つのポイントは

カボチャ頭、鬼火を入れたランタン、草刈り鎌

これが日本にあまり伝わってない

昔のファンタジーやゲームとかではちゃんと出てくるけど
最近のイラストではスルーされてるよね

33: 2018/10/29(月) 19:03:21.428 ID:Zr/KNPw30NIKU
昔何かで聞いたハロウィンの翌日は諸聖人の祝日でその日になると悪魔は力を失うから前日のハロウィンに街をうろつくってのが後付の話だって知ったときの衝撃
この理由だと節分っぽい感じがするのに

35: 2018/10/29(月) 19:16:24.488 ID:15daIlcNaNIKU
>>33
ハロウィンの起源とされるのがケルト人が催していた「ソーウィン」と呼ばれる秋の収穫祭
この日はケルトの暦における大晦日の日であり、いわゆる「魔力」というものが一年で最も自然界に満ち溢れるとされた日
今日のハロウィンにおける「魔」に関わる風習もそのルーツを辿ると、ここに由来するとされているヨーロッパにキリスト教が浸透して以降、ケルトの宗教、つまりは異教の風習であることを理由に、キリスト教上の「悪魔(satan)」のイメージが付随された

38: 2018/10/29(月) 19:50:15.679 ID:xXSlmvikaNIKU
>>35
ケルトってなんかワクワクするわ
ほんとに魔術使えそう

引用元: http://hebi.5ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1540804695/

画像引用元:https://tabetainjya.com/archives/news/post_1640/

こちらも読まれています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする